今年ももうあと少しで終わりそうですねぇ。
予定では7月には完成しているはずだった『樹海の廓』
ずるずると気づけば夏が終わり、秋に突入してしまいました。

これはいかんと奮起するもエロシナリオが急に書けなくなるいう
訳のわからん病気? にかかり秋が終ろうとしている。
最近になって、ようやっとエンジンがかかり始めてようやく完成が見えてきました。
(´・ω・`) あと三シーンなんだ……。あと三シーン……。

教訓:官能小説は難しい。エロを舐めてはいけない。
続き↓
[こち亀の終わりと愛玉子と]の続きを読む
2015 (2)
いやぁ~暑いですね。
梅雨も明けましたので、これからが夏本番でしょうか。


(`・ω・´) お~い!ゲーム作ってるか!? 死んだか?
というコメントやメールをいただきましたので、
生存報告ついでに去年いった須磨水族館。
『須魔怪奇水族園』展の様子をば報告させてください。

│・ω・`)< ゲーム情報じゃないの。妖怪繋がりということで許して。

なにしろ河童と人魚のミイラが展示されているとのこと。
これは妖怪マニアの猫一としては見に行かなければっ!
ということで行ってきました。

2015 (10)

いざぁ~↑↑(気分高揚) 下へと続く
[須磨水妖怪展に行ってみた]の続きを読む
イバラ道ごわす

あけましておめでとうございます。

最近、木村紺さんの『神戸在住』という漫画を読みかえしています。
てきとうに説明すると、神戸にすむ辰木桂という美大生のまわりに
たくさんの友人・知人が登場する話。
みんな基本的にはいい人たちで安心して読める。

だが哀しいかな。この漫画に影響を受けた大馬鹿者が、
大学生になればこんな青春が歩めるかもとほいほい勘違いをしたですよ。

むかしの話ですが結論だけ言うと、
大学で友達をつくるにはよほどの社交性か、人をひきつけるカリスマ性が必要だと
いうことが分かった。むろん友零でfinish(卒業)デス。

その後、あこがれの神戸の街に働きに出るも……。
山の手は確かにおしゃれだけど、海方面はけっこうコワイ人が多い街
だということを再確認させられた。

教訓 : 漫画に影響されて歩む道はイバラ道でごわす。
このたびサンテレビで原作のドラマが放送されるみたいでおめでとサンテレビ。
今製作しているエロゲーも乙女要素てんこ盛りデス(大嘘)。

(` ;ω;´)ゞ ありがとうございました。
ちょっくら上野公園に行ってまいりました。
ツミレさまの『追憶の森』のモデルは実は上野公園だったりします。
プレイしてくれた人の中に気づいてくれた人はいたでしょうか?
かなりぼかした造りにしたので、ほとんどの人が気づかなかったのではと思います。

0419.jpg

4月 288

0419a.jpg

4月 243

それにしても凄い人、人。
この季節の上野公園は様々な言語が入り混じる
凄まじい空間になります。

4月 093

4月 279

4月 163

次回のゲームは遊郭にちなんだ話なので少しでも参考になればと思い
三ノ輪ちかくの『浄閑寺』にも足を運びました。
この寺は吉原で死んでいった遊女の投げ込み寺とも呼ばれたところです。
記録によると江戸・明治時代の遊女の平均寿命は二十代半ばとのこと。
吉原遊郭というと花魁など華やかなイメージがありますが、
裏の顔はそうではなかったようです。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀やってましたね。
そちらの方はまだ見れてないのですが、
映画はいちおう観てきました。

個人的な感想としては、ここ最近の宮崎駿監督作品の中では
群を抜いて良いのではないか。というものでした。

主人公の声も少年期から青年期へとかわった、
第一声の違和感さえ乗り切ってしまえば、
自分の世界をもっている天才型とくゆうの話し方のように感じられ、
かえって良かったように思います。

また関東大震災のシーンや、飛行機が空中分解するシーンなど、
流石はジブリと思わせる表現技術は素晴らしかったです。

大正時代というと、華やかな和洋折衷の時代。
そんな描かれ方が漫画やゲームでは一般的ですが、
じつのところ一般の人たちは貧困・結核・地震・戦争におびえ、
和洋のちがいを楽しむ余裕すらなかったというのが実情だったのかもしれません。
この映画でもそんなシーンが随所に出てきます。

優秀で才能もあり、それなりの名家に生まれた堀越二郎。
そして資産家のご令嬢、里見菜穂子さんの恋物語。
菜穂子さんの結核さえなければ、大正リア充物語。

そういう意味では貧乏で恋も才能もない私としては、
正直、あまり彼らに感情移入はできませんでした。
最後の妹のセリフには、結構くるものがありましたが。

あと個人的に重要なところが一つ。
二郎の夢のなかにでてくる髭おやじ(カプローニ)と
一緒に巨大な飛行機にのって出てくる、青か黄色のドレスをきた女性。
あの人だけ胸がやたらデカかった。
おそらく黄色のドレスの女性だったような気がするのだが、
その人だけおっぱいがすこぶるデカイ!
ほかの人もそれなりに大きいが、その人だけは一目で分かるほどのデカさ。
もう一度、あの人に会いたいんや……。

『不思議の島のツミレさん』の体験版、現在製作中。
問題なく検定が通ったら、こちらにてお知らせさせていただきますので、
よかったらプレイしてやってください。

┳┻|
┻┳|
┳┻|_∧
┻┳|・ω・) 監督おつかれさまでした
┳┻|⊂ノ
┻┳|J
AD

同人ダウンロードショップ DiGiket.com 男性向週間ランキング

QRコード

QR

 | 猫女房TOPへ |  Next
Copyright © 猫女房 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」